農業

アワーメーター1500HR超えの農業用トラクター・ロータリーだけ新調

アワーメーター1500HR超え

下の写真は僕が所有するトラクターなのですが、
見ての通りキャビン(運転部屋)がないタイプのチョット古めのヤツですね。

ちょこちょこ整備をしながら何とか持ちこたえていますね。
ま安全第一ですので安全フレームはちゃんと取り付けています。

外見もヨレヨレですが、それに負けじとアワーメーターの数値も結構伸びていまして1500HR超えです^^;
こんな外見なのですが、まだまだ現役バリバリで田んぼや畑で良く頑張ってくれてて、
こいつにはホント足を向けて寝れないといった感じです。

運転席パネルのアワーメーター

一応、皆さんもそうかもしれませんがオイル交換やラジエターのクーラント(LLC)とか、
爪交換も手間を惜しまなければ経費削減に繋がるので自分でやっていますよ。
あと、タイヤの空気圧調整もタンク容量が小さ目のコンプレッサーですが
軽トラとか家の車にも使用出来るので先日ホームセンターで買っちゃいましたね。

ロータリーだけ新調

こんな1500HRも乗っているおんぼろトラクターなのですが、でもロータリーだけはまだ新しいんです✨↓↓↓

PTOに接続された真新しいロータリー

この写真のロータリーは農機具屋さんに新しいやつに取り替えて貰ったあとに撮影したものですが、
古いやつを撮影しておけば良かったと返す返すも残念無念💦(チェーンカバーの摩耗や爪の取付けボルト穴がガタガタ💦)
個人的経済の理由からトラクター本体を更新することが出来なかったので、とりあえずロータリーだけでもと思い、自分なりに張り切ったつもりです。

うちではトラクターのPTOに取付けるユニットとしては、此のナタ爪が取り付けてあるロータリーだけしか今のところ所有してないのですが、
でも、此のロータリーは汎用性が高く、田んぼ(水田)でも畑でも概ねOKのやつみたいなんです。
耕深はせいぜい15㎝ほどですが、草を引き込んだり、砕土もわりと細かく出来ますし、土壌を均す
すことが出来るそこそこの万能選手でして、金欠の僕には大変ありがたい相棒です。(笑)

まとめ

トラクターの国内メーカーは現在ではクボタ・ヤンマー・イセキ・三菱(順不同)の4社ですね。
かつてはOEMを含めるともっと沢山のメーカーがありましたが、合併や撤退で現在はメーカーの数は減っています。

僕が今使っているのはクボタ製のですが、
どのメーカーのでも良いので、真っ新なピカピカのトラクターに乗りたいな~と寝ても覚めても昼飯を食べてても思って
いるところなのです。欲を言えばキャビン付きのがいいです(笑))

近年では農家でありながら、田んぼや畑などの圃場を所有しながらも耕作を行わない家(?)もだんだん増えてきていますが、
いくら耕作を辞めたとしても圃場の管理(除草・景観)だけは絶対にしなくてはなりませんので
田植え機やコンバインは手放してもトラクターだけは最低限残しておいた方が賢明ですよね。(除草剤は高いですから~)

最後に、
現在、農業は建設業を抜きもっとも死亡事故発生率が高い産業になっていますよ。
安全には十二分に配慮し、快適な農業ライフをお互いに送っていきましょう!

ではでは今回はこの辺りで(^^)/

【amazonで見る】

クボタ トラクター 耕うん爪 スーパーゴールド爪 30本セット

(※ロータリー型式を要確認)

【楽天市場で見る】

クボタ トラクター 耕うん爪 スーパーゴールド爪 30本セット 61-121 S10,S32

(※ロータリー型式を要確認)

オススメ記事:石の多い圃場に巾広のスーパーゴールド爪を使用してみた(東亜重工製の耕耘爪)