農業

【我が家の】西日本豪雨(平成30年7月豪雨)による圃場被害/地滑りによる被害など

西日本豪雨(後に気象庁にて『平成30年7月豪雨』と命名される)が少し収束し始めた7月7日の早朝、
雨合羽に長靴のいでたちで、我が家の圃場の点検に出掛ける。

西日本豪雨被害(平成30年7月豪雨被害)圃場被害の例

圃場法面の地滑り

幾数かある田んぼと畑を徒歩で順番に見て行くと
なんと!1番心配していた畑の法面が地滑りを起こしてしまっていた。
この畑の北側の法面は急勾配となっており、草刈りも大変骨を折る難所だ。
そこが高さ約7m×幅約10mに渡って無惨にも崩れ落ちていた。

↓↓↓↓

地滑りした我が家の圃場の法面(崩落面積:約10m×約7m)
《地滑りした我が家の圃場の法面》

最初に発見した折にはただただ唖然とするばかりで、
その場に立ちすくみ、言葉も出ない程のショックを受けてしまった。
先代から引継ぎ、長年汗水を流しながら耕作を行い、そして草刈りなどの管理も絶やすことなく守ってきたその土地が・・
圃場の1部とは言え、一瞬にして無惨にも崩壊してしまうなんて信じられなかった。

こんなことになるなんて今まで全く想像すらしたことも無く、
その時はホント、現場を見た瞬間、膝から崩れ落ちるほどの大きなショックを受けてしまいましたね💦^^;
テレビや新聞で災害を目にすることはありましたが、
これほど大きな自然災害が自身に降りかかったのは初めてのことですから。

側溝が土砂で埋没

そのあと別の圃場の点検に行くと・・ありゃ💦こっちもか💦
今度は、側溝が約7mほど土砂で完全に埋もれているではありませんか!
あ!圃場にも土砂が入ってる!

農業用水路に流れ込んだ土砂(土砂の長さ:約7m)
《側溝に流れ込んだ土砂》

うーん、ジョレンと鍬で土砂を上げれるかな?
ツルハシも要るかな?自分1人で出来るかな?
上げたら上げたで其の土砂を何処に運べば良いのか?
ダンプ持ってないしな~
と、災害現場を見ながら呆然としつつ、小降りの中、暫し考え込んでしまいました。

その他の箇所は、概ね大丈夫そうでしたので、ひとまず家に引き上げることにしました。
家に着くと雨合羽を脱ぎ、今見て来たことを朝食を食べながら年老いた母親に報告しました。

その後、嘆いてばかりいても仕方ないので、市役所が開く9時を待って、都市建設課に電話を入れ、
我が家の豪雨による2件の被害報告をしました。

その2日後、圃場が乾くのを待ち(完全には乾いていませんが)、
地滑りを起こした圃場に畦塗りシートを用いて、雨水が他所様の敷地に流入しない様に施しました。

崩落した法面の圃場に施した畦塗りシート

また、管理機を使って雨水が反対方向(崩れた箇所とは逆)に向うよう谷上げを施し、
市役所の指示を待つことにしました。

管理機に培土器を取付けて谷上げ作業

一方、側溝が埋まった場所の方は、受益者に管理責任がある(実はもう1つ手があるにはありますが・・・)
との市役所からの回答でしたので、雨が止んだ後に時間は掛かりましたがジョレンなどを使って
圃場の畦などの空いている場所に自力で土砂を上げて行きました。(この作業当日は大変暑い日でした💦)

水路の土砂を鍬やジョレンで撤去した後の画像

以上が今回の西日本豪雨による我が家の圃場被害であります。
ほんの2つの例ではありますが御紹介及び自分自身の備忘録として記事にしてみることにしました。

我が家の西日本豪雨被害の記事は以上となります。

【amazonで見る】

[アモジ] サンダル

オススメ記事:腰を曲げずに種蒔きをする道具を作ってみた!わりと使えてます!