農業

栽培農家が語る黒大豆の『葉もぎ』について♪その目的とは / フィールドカートも使っています

11月中旬ともなると、我が家で栽培している出荷用の黒大豆の葉っぱもだいぶ青みが落ち、段々と茶色くなってきました。

御飯を食べながら母親と「いよいよアノ作業の開始時かなぁ~」などと話したりするのもこの頃です。

茶色くなってきた黒大豆の葉っぱ
《茶色くなってきた黒大豆の葉っぱ》

『葉もぎ』を行う目的とは

このまま自然にほっておいても、年明けの1月か2月には全ての葉っぱが茶色くなって、
そして枯れ落ちる(葉っぱが)わけではあるのですが、正月用として出荷をする農家の場合はそこまでは待っているわけにはいきません^^;

圃場の8割くらいの葉っぱが茶色くなった時点で手で葉っぱをもぎ取り、
日当たりと風当たりを良くして黒大豆の実の乾燥を促進させるための『葉もぎ』という作業を行っていきます。
要は、出荷先のJAなどにて水分検査が控えているため、乾燥をさせて水分調整を行うのが目的です。

うちの黒大豆の栽培面積は2反ほどなのですが、それでも葉もぎの作業はとても根気のいる立ち仕事でして、腰を屈めて1株ずつ丹念に葉っぱをもいで行きます。
時折、下の写真の様に母親は横着をしてたりもしますけど(笑)

フィールドカートに腰掛けて葉もぎを行う母親

↑↑↑傍から見てあまり格好の良い作業姿だとは言えませんが、
でも私も、これに腰掛けて作業を行なったことがありますが、結構楽ちんだったりするわけなんですよ正直(笑)
しんどい時は背に腹を変えられませんからね、まだ自分では若いつもりでも助かっている場面もしばしばあったりします。✨

フィールドカート

この椅子にはタイヤが付いていますので、次の株に進むのにも座ったままで”足でキコキコ”とやれば簡単に移動が
出来ます。普通の椅子みたいに手で持ち上げたり降ろしたりする手間は要りませんし、腰を曲げたり伸ばしたりせずとも
移動ができます。よく母親が使ってくれているので、それを見る度に大枚をはたいて買ったわけではありませんが
僕も嬉しくなっちゃったりします。(^^)

因みに、このタイヤ付きの椅子の商品名は『フィールドカート』と言います。
座面を上に開けば収納ボックスにもなりますので移植ゴテなどをちょこっとしまっておくことも出来ますよ。

このフィールドカート、我が家では黒大豆の葉もぎ以外にも、ダルマササゲの莢剥き(脱粒)をする時や
庭の草取りをする時など色々な場面で使っていまして、目立たない存在ではありますが大変重宝をしています。✨
(うちにあるこのタイプとは別に、回転座面付きのフィールドカートもあるようですよ。)

【amazonで見る】

リビングアウト(Living Out) 回転盤付き腰掛けガーデニングカート

 葉もぎ完了!

葉もぎ作業を終えた後の圃場の全景

( ´Д`)=3 フゥ
ようやく2反ほどの全ての葉もぎを終えることが出来ました。✨

まとめ

今年もいよいよ黒大豆の収穫時期が迫って参りました。
葉もぎ作業のあとは、株切りをやって💦島立てをして💦そんでもって脱穀作業もしなければなりません💦
葉もぎが終わってもまだまだやることがてんこ盛りに多いんですよね~^^;まだまだ大変だ(汗)

今年の師走は暖かいと良いんだけどなぁ~
寒さが超苦手な私ではありますが、黒大豆の出荷を終えないと正月もやって来ませんので、
もうひと踏ん張り頑張っていきたいと、ただいま気合いを入れ直しているところであります。!(^^)!

ではでは今回はこの辺りで~✨

【amazonで見る】

リビングアウト(Living Out) 回転盤付き腰掛けガーデニングカート

【楽天市場で見る】

グリーンパル フィールドカート 収納スペース&回転座面付 ガーデニング 園芸 ガーデン 剪定 農作業 アウトドア 草むしり 椅子(代引不可)【送料無料】

オススメ記事:栽培農家が語る 黒大豆の刈り取りから脱穀までの概要