農業

石の多い圃場に巾広のスーパーゴールド爪を使用してみた(東亜重工製の耕耘爪)

5年前にネットで見つけて購入をしたトラクター用のスーパーゴールドなる耕耘爪。
その使用感を超ザックリではあるが、ちょこっと記事に。

梱包を解いたばかりのスーパーゴールド爪
梱包を解いたばかりのスーパーゴールド爪

耕起している面積

うちは大半の田んぼ(約1町ほど)を人に預けているので、実際に僕がトラクターで耕起を行う圃場の面積は、畑と預けてる以外の田んぼ(転作)との合計で約4反。
この畑と田んぼを年に3回ずつ耕して回ってる。

石が多い圃場にて使用

うちの圃場は石が多く、時々手で拾っては肥料袋に入れたり、猫車に乗せて圃場脇まで運んでるのだが、
トラクターで耕起するとまた石が出てくると言った感じでとめどなく不毛な作業を繰り返している。

下の写真よりももっともっと大きな石が出てくることも珍しくなく、耕起中に時折りロータリーが、
ガーンガーン!ガツンガツン!と唸りを山裾に轟かす。

ダルマササゲを栽培している圃場と猫車&石を入れた肥料袋
ダルマササゲを栽培している圃場と石を積んだ猫車

PTO設定

今まではトラクターのPTOを、ほとんど3で使用してきており(エンジン回転数2,000rpm)、スーパーゴールド爪に相当負荷が掛かっていたかもしれない。
(PTOの知識不足だったため、この点は反省。)
次回の耕起からは1や2も臨機応変に使っていこうと思う。

5年間使用後の爪

・偏芯爪

【使用前の偏芯爪↓↓↓↓】(写真を撮り忘れていたため厳密には1回使用後の偏芯爪)

1回使用後のスーパーゴールド偏芯爪

【5年間使用後の偏芯爪↓↓↓↓】

すり減った偏芯爪の写真

・通常爪

【使用前の通常爪↓↓↓↓】(写真を撮り忘れていたため厳密には1回使用後の通常爪)

【5年間使用後の通常爪↓↓↓↓】

すり減った通常爪
すり減った爪

使用した感想

爪は作業条件などで摩耗の早さなどは変わってくるが、上記の条件下でこの爪を5年間使用してみた感じだと

・折れたり曲がったりし無かった。(耐久性)

・急激な摩耗は無かった。(耐摩耗性)

・砕土および反転は十分に行えた。

繰り返しになるが、石地の圃場で、尚且つ常時PTOを3で使用するという悪条件に置きながらも
最後までヘタることなくその役目を果たしてくれたと思う。

ということでリピート!

真新しいスーパーゴールド爪を装着したロータリー
真新しいスーパーゴールド爪を装着したばかりのロータリー

※東亜重工(兵庫県三木市)

信頼の国内メーカー

【amazon見る

クボタ トラクター 耕うん爪 スーパーゴールド爪 30本セット

※お使いのトラクタ型式・ロータリー型式と爪の本数をご確認ください。

【amazonで見る】

スーパーツール(SUPERTOOL) 薄型・両口ラチェットレンチ(農機爪交換用)

【楽天市場で見る】

クボタ トラクター 耕うん爪 スーパーゴールド爪 30本セット 61-105 S5,S6

関連記事:アワーメーター1500HR超えの農業用トラクター・ロータリーだけ新調